産経WEST

【大阪北部地震】余震怖い、雨で土砂崩れの恐れも…避難所で、自宅で不安な朝 鉄道の乱れも続き疲労感 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪北部地震】
余震怖い、雨で土砂崩れの恐れも…避難所で、自宅で不安な朝 鉄道の乱れも続き疲労感 

地震から一夜が明けた避難所。避難所には子どもと年寄りが残る=19日午前、大阪府高槻市の五百住小学校 地震から一夜が明けた避難所。避難所には子どもと年寄りが残る=19日午前、大阪府高槻市の五百住小学校

 大阪北部地震から一夜明けた19日、大きな被害が出た大阪府茨木市や高槻市では、住民らが断続的な余震におびえながら避難所や自宅で朝を迎えた。鉄道の乱れはこの日も続き、先の見えない不安に、顔には一様に疲労の色がにじんだ。

 茨木市民体育館(同市小川町)では、8人の被災者が壁際に敷かれた体操用マットの上で毛布にくるまり、夜を明かした。

 大学2年生の高木潤希(みつき)さん(19)は、「余震が多く、怖くなった」と18日午後10時ごろに体育館へ。地震で1人暮らしのアパートはテレビや電子レンジが床に落ち、冷蔵庫の中身は散乱。だが、大きな体育館の中でも余震は強く感じられたといい、「電車が動きだしたら滋賀県内の実家に帰るつもり」という。

 高槻市立五百住(よすみ)小学校(同市登美の里町)の体育館には最大約50人が身を寄せ、余震を警戒してグラウンドに止めた車内で過ごす人の姿も。小学5年の娘(10)と避難した近くの主婦、福本智香さん(46)は「これから雨で土砂崩れが起きるかもしれないし、当分避難所で過ごすことになる」。

 避難しなかった人々も、不安な一夜を過ごした。地震で自宅の寝室の壁にひびが入ったという高槻市の自営業、大西主浩さん(40)は「家族でリビングに集まって寝た。やはり怖さがある」と話した。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング