PR

産経WEST 産経WEST

【銀幕裏の声】カーマニア必見! ハリウッド超え本格ラリー邦画大作「OVER DRIVE」

映画では本物のWRCカー「ヤリス」が登場する (C)2018「OVER DRIVE」製作委員会
Messenger

 最も過酷な自動車競技「ラリー」をテーマにした映画「OVER(オーバー) DRIVE(ドライブ)」が公開中だ。「なぜ、モータースポーツを描く本格カーアクション映画が日本で撮られないのか? 日本伝統の自動車文化、モノづくりの素晴らしさを映画で伝えたかった」。こう熱く語るのは「海猿」シリーズで知られる羽住英一郎監督。“海から陸へ”と舞台を移し、日本初ともいえる本格ラリー大作に挑んだ。劇中、WRC(世界ラリー選手権)に参戦中のトヨタのラリーカー「ヤリス」が登場。羽住監督の情熱に応え、トヨタが全面協力したのだ。さらにセイコーなど日本の大企業がスポンサーとしてバックアップ。架空の日本選手権「SEIKOカップラリーシリーズ」(SCRS)でヤリスが全国を転戦する雄姿は圧巻だ。羽住監督にその舞台裏を聞いた。(戸津井康之)

■WRCカー参戦

 世界最高峰「WRC」を目指し、国内トップカテゴリーのSCRSで戦うチーム「スピカレーシングファクトリー」。エースドライバーは若き天才、檜山直純(新田真剣佑(あらた・まっけんゆう))。その兄、篤洋(東出昌大(ひがしで・まさひろ))がチーフ・メカニック(整備士)を務め、直純の乗るヤリスを整備していた。スピカは順調にラウンドを進み、ランク上位を競っていたが、勝利をあせる直純の乱暴な運転に、ついに篤洋の怒りが爆発。チームは崩壊の危機に陥る…。

 直純の運転するスピカのレース車両はトヨタのヤリスだ。ヤリスは欧州での呼び名で、日本での愛称はヴィッツ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ