PR

産経WEST 産経WEST

【大阪北部地震】関西の私鉄、順次運転再開 JRの主要路線、阪急京都線は見合わせ続く

地震の影響で傾いた阪急京都線・茨木市駅の電光掲示板=18日午前10時18分、大阪府茨木市(渡辺恭晃撮影)
地震の影響で傾いた阪急京都線・茨木市駅の電光掲示板=18日午前10時18分、大阪府茨木市(渡辺恭晃撮影)

 18日朝に発生した大阪北部地震の影響で、安全確認などのため運転を見合わせた関西の鉄道網のうち、阪神や近鉄、南海は同日午後、全線で運転を再開した。京阪や阪急神戸線、阪急宝塚線も再開したが、本数を減らして運転。同日午後6時現在、阪急京都線、神戸線に接続する一部路線などで引き続き運転を見合わせている。一方、関西のJR各線は午後6時現在、広い範囲で見合わせが続いている。

 阪神は午後3時に神戸と大阪を結ぶ阪神本線、神戸高速線、武庫川線の運転を再開した。

 近鉄は午前11時45分ごろ、大阪線の運転を再開。京都線、けいはんな線の運転も順次再開した。南海は午後4時ごろ、通常ダイヤにほぼ復旧した。

 阪急は18日午後、神戸線や宝塚線で運転を再開。ただ、京都線と同線につながる嵐山線や千里線、神戸線につながる今津南線、甲陽線、伊丹線では運転見合わせが続いた。

 一方、京阪神地区で運行されているJR西日本の各線については、加古川、姫新両線と草津線の一部は午後2時までに運転を再開。ただ京都、大阪、神戸を結ぶ東海道線など主要路線の運転再開は、午後7時以降になる見通しとなっている。

 JR東海などによると、東海道・山陽新幹線は一部区間で運転を見合わせていたが、18日午後までに全線で再開した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ