PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】有力資料なら1000万円 和歌山・新宮城復元に高額懸賞金

石垣が美しい新宮城跡。熊野灘も見渡せる(新宮市提供)
Messenger

 熊野三山の一つ、熊野速玉大社の門前町として発展した和歌山県新宮市は、かつての紀州藩新宮領の城下町でもある。熊野灘に注ぐ熊野川河口に近い小高い丘に築かれた新宮城は明治の廃城令で取り壊され、今は石垣が残るのみ。市は城の復元に向けた資料の収集に取り組んできたが、これまで有力な資料は見つかっていない。そこで、この秋にも復元を可能とする資料の提供者に対し懸賞金を出す事業を開始する。金額は天守に関する資料なら1千万円。復元計画は進展するか。(中村宏二)

美しい「切込み接(は)ぎ」

 新宮城は、紀州藩主・浅野幸長に仕えた浅野忠吉が元和(げんな)5(1619)年に築城。その後、紀州藩主となった徳川頼宣の付家老で新宮領主の水野重仲が築城を継続し、寛永10(1633)年、2代・重良の時に完成した。現在は石垣が残るだけだが、整えた石を隙間なく積み上げる「切込み接ぎ」の石垣の美しさから、日本城郭協会が選定した「続日本100名城」にも選ばれている。

 特徴的なのは熊野川に面した「水ノ手」。「炭納屋(すみなや)」とみられる建物跡群が平成6年に発掘され、備長炭の専売をしていた水野家が、軍事施設である城を経済的な拠点としたことを示す重要な発見と注目された。

 小高い丘にある城跡は、適度な散策にはうってつけ。少々マニアックな視点で、石材を切り割りする際にクサビを打ち込むための「矢穴」がある石や、刻印石を探すのも楽しい。

 それだけに、全盛時の城をぜひ復元したいというのが新宮市関係者らの切なる願いだ。

天守には1千万円

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ