産経WEST

【台風6号接近】沖縄でパネル倒れ下敷き、1人重傷

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【台風6号接近】
沖縄でパネル倒れ下敷き、1人重傷

 16日午前8時55分ごろ、沖縄県八重瀬町の建築資材会社で「作業中に資機材が倒れて人が下敷きになった」と119番があった。糸満署によると、スチール製パネルの束が倒れ、糸満市の男性(34)が左腕の骨を折る重傷を負った。署は台風6号の接近に伴う強風の影響でパネルが倒れた可能性が高いとみている。

 署によると、パネル1枚は縦3メートル、横50センチ、重さ約5キロ。男性は資材置き場にロープでくくられた15~20枚程度のパネルを1枚ずつ移動させる作業をしていた。

「産経WEST」のランキング