PR

産経WEST 産経WEST

【華麗なる宝塚】望海風斗「役に愛情を持ちその人生を生きる」 轟悠の格好良さに衝撃受けた18年前

Messenger

 宝塚歌劇団の雪組トップスター、望海風斗(のぞみ・ふうと)が専科スターの轟悠(とどろき・ゆう)と共演する「凱旋門」(脚本・柴田侑宏氏、演出・振り付け、謝珠栄氏)と、主演のショー「Gato Bonit!!」(作・演出、藤井大介氏)が兵庫・宝塚大劇場で上演中だ。望海は「気負いなく、役に愛情を持ってその人生を生きます」と話す。7月9日まで。東京宝塚劇場は7月27日~9月2日。

雪組トップの望海風斗=兵庫県宝塚市の宝塚歌劇団(前川純一郎撮影)
雪組トップの望海風斗=兵庫県宝塚市の宝塚歌劇団(前川純一郎撮影)

 18年前の「凱旋門」初演時は、宝塚音楽学校に入学する1年前。受験生だった望海は劇場で公演を見た。「当時はこの芝居の深さをよく分かっていなくて。とにかく轟さんが格好良かったことをすごく覚えています」と振り返る。

 酒を飲む姿、トレンチコートやソフト帽子の着こなし、すべてが完璧だった。「お芝居がすごくリアルで、ラブシーンも映画を見ているよう。私の中で『轟さんは本物の男性なんじゃないか説』を抱いたほど(笑)、轟さんの格好よさに衝撃を受けました」

 その作品で、「誰もが背中を追い掛ける、憧れの存在」の轟と共演。「初演が素晴らしいから再演があるので。プレッシャーはありました」。最初は緊張していたそうだが、轟自ら当時の失敗談を話すなどして場を和ませてくれたという。「すごく気さくで、同じ土俵に立ってくださって。一緒に新たなものを作り上げる感覚で臨めました」

 轟演じる主人公の友人で、ロシア革命から逃れてきたボリス役。初演を見返し、映画を見て、原作も読んだが…。「原作はすごく長いので、ボリスのところだけ斜め読みをしながら、読んだ人に教えてもらいました」と笑わせる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ