産経WEST

ルフィ名義で8億円、熊本県へ復興支援…「ワンピース」作者の尾田栄一郎さん

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ルフィ名義で8億円、熊本県へ復興支援…「ワンピース」作者の尾田栄一郎さん

尾田栄一郎さんが熊本地震の復興支援で平成28年秋ごろに書き下ろした「ワンピース」のイラスト。中央下が主人公ルフィ(熊本県提供) 尾田栄一郎さんが熊本地震の復興支援で平成28年秋ごろに書き下ろした「ワンピース」のイラスト。中央下が主人公ルフィ(熊本県提供)

 熊本県の蒲島郁夫知事は15日、週刊少年ジャンプに連載中の人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」の主人公「モンキー・D・ルフィ」の名義で、熊本地震の復興支援として、ふるさと納税を含む8億円の寄付があったことを県議会で明らかにした。

 県によると、ルフィ名義の寄付は、作者で熊本市出身の漫画家、尾田栄一郎さんによるもので、2016年度に義援金で5億円、17年度にふるさと納税で3億円が寄せられた。

ルフィ像設置へ予算案…「生活支援に充てるべき」と批判も

 県は4月、尾田さんの復興支援活動を評価し、県民栄誉賞を贈呈。記念に県庁にルフィの等身大の像を設置することを決め、ふるさと納税を財源として、6月補正予算案に1300万円を計上した。

 ただ、県民からは「生活支援に充てるべきだ」「場所は県庁でなく、熊本城や繁華街がいい」などと批判的な電話やメールが寄せられた。このため蒲島知事は、費用は尾田さんが寄せたふるさと納税の一部を活用し、県庁の他に被災各地にワンピースに登場する他のキャラクター像を設置すると説明した。

 蒲島知事は「復興や防災の拠点となる県庁のルフィ像を起点に、被災地に仲間の像を展開し多くの人に訪れてもらえば、経済や観光で大きな後押しになる。風化防止や伝承にも効果を発揮し、被災者を勇気づけられる」と理解を求めた。

「産経WEST」のランキング