PR

産経WEST 産経WEST

山陽新幹線のぞみ先頭の破損ボンネットから人体…線路上にも JR西、動物と判断し走行を継続

山陽新幹線「のぞみ176号」の破損ボンネット内から、人間の体の一部が見つかった=14日夜、山口県下関市のJR新下関駅
Messenger

 JR西日本は15日、人身事故の影響で取りやめていた山陽新幹線の運転を始発から再開した。

 山陽新幹線の博多発東京行き「のぞみ176号」(乗客約200人)は14日午後2時前後に博多-小倉間で人をはねた。JR西日本は山口県下関市の新下関駅に停車させ、先頭車両の先端に割れを確認。車体には血痕のようなものが付着し、ボンネット内部から体の一部が見つかった。運転士は「ドン」という異常音を感知したが、過去に小動物に当たった経験から、今回も同様の衝撃音と考え、運行を継続したという。

■対向「みずほ」運転士が気づき連絡

 福岡県警によると、北九州市八幡西区の線路内で衣類の一部が見つかり、約2キロ博多寄りの線路上で体の一部が発見された。県警は、衣類ははねられた人が着ていた可能性もあるとみて、現場の特定を急いでいる。

 JR西によると、先頭の16号車のボンネット先端が割れていた。のぞみ176号は午後1時50分すぎに博多駅を出発。小倉駅ですれ違った「みずほ615号」の運転士が気付き、午後2時10分ごろ連絡した。

破損ボンネット、実はプラスチック製で運転士は…

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ