PR

産経WEST 産経WEST

【華麗なる宝塚】轟悠、当たり役「亡命外科医」役に挑む 18年経て「肩の力が随分抜けた」

Messenger

 宝塚歌劇団の理事で専科スターの轟悠(とどろき・ゆう)が、雪組トップコンビ望海風斗(のぞみ・ふうと)と真彩希帆(まあや・きほ)らとの共演で18年ぶりに当たり役に挑む。雪組公演「凱旋門」(脚本・柴田侑宏氏、演出・振り付け、謝珠栄氏)「Gato Bonit!!」(作・演出、藤井大介氏)が兵庫・宝塚大劇場で上演中だ。「凱旋門」で再び主人公を演じる轟は「新たな作品を作る気持ちで臨みました」と笑顔で語る。7月9日まで。東京宝塚劇場は7月27日~9月2日。

専科スターの轟悠=兵庫県宝塚市(前川純一郎撮影)
専科スターの轟悠=兵庫県宝塚市(前川純一郎撮影)

 トップ時代の代表作を、自らの主演で再演。「18年経つので。再演を聞いたときは、『えっ』と喜びと驚きが入り交じりました」

 レマルクの小説をミュージカル化。第二次世界大戦前夜のパリ。ドイツから亡命してきた外科医のラヴィック(轟)を軸に、ロシアからの亡命者である親友のボリス(望海)、恋仲になるジョアン(真彩)を絡めて、過酷な運命に翻弄されながらも懸命に生きる人々を描く。

 近年はリアルな心情を描く作品も増えたが、平成12年の初演時はキラキラした愛や夢を描く作が主流。当時、雪組トップだった轟の耳にも、「宝塚らしくない作品」という声が幕が開いた当初は届いた。

 「テーマは命の尊さや愛、希望なのに…。うまく伝わっていないことに自問自答もしましたし、私は負けず嫌いなので、もっと伝わるよう表現する、と思いました」

 結果、初演は高く評価され、轟に文化庁芸術祭賞演劇部門優秀賞をもたらした。「(受賞は)最初は作品が獲ったと思い、『良かったですね』とお返事した(笑)。周囲の皆さんの力があってのこと。素直にうれしかったですし、励みになりました」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ