PR

産経WEST 産経WEST

【正木利和の審美眼を磨く】積もる雪、なまめかしい柔肌…白にこだわった巨匠の絵画の見方

ユトリロ「ガブリエル酒場」
Messenger

 ちかごろ、暑くて湿度も高いくせに、休日、黒い背広を着こんだ集団をよく見かける。

 胸元をみると白いネクタイ。

 なるほど、結婚式に参列する人々か…。

 ほんとうかどうかはよく知らないが、6月の花嫁は幸せになれるのだそうだ。

 ジューンブライド。

 この言葉があるかぎり、うっとうしい梅雨どきもブライダル産業にとっては稼ぎ時となるに違いない。

 さて、結婚式といえば、女性にとって一生一度の晴れ舞台(離婚率の上昇にともない、近ごろでは、数度の人も増えてきてるに違いないが)。新郎には悪いが、あくまで男は添え物。その場の主役は、間違いなく花嫁なのである。

 それで、結婚式に「白」のドレスを身につけるのは花嫁の特権。だから、ほかの女性たちが白い服装で式に参列するのはNGなのである。

 とまあ、そういうことを知ったのは、恥ずかしながら数年前に阪急電鉄今津線を舞台にした有川浩の小説、『阪急電車』を読んだときのこと。

 と同時に、そのときに改めて「白」という色の強さを認識したのだった。

   □    □

 不思議な色なのである。

 中国の山水画や日本画を見ていると、白の比重がきわめて重いものがある。それは、いわゆる余白的な白だ。といって、描かれていないにも関わらず、そこには何かが存在している。

 それは、海や湖であったり、雲であったり、霞や霧であったりする。滝を落ち、川を流れてゆく水や、山に積もった雪、光なども白で表現される。

 だいたい、東アジアの絵画は支持体である紙の白を生かすため、白い絵の具である胡粉(ごふん)を用いるよりも筆を省くことで、白という色を表現することが多い。

 一方、欧州の絵画には、余白を用いた白の表現という発想自体がないように思える。たとえば、日本を代表する洋画家、小磯良平の作品には、下部をあえて塗り残したものもあるが、欧米の人たちが見ると、きっと、未完の作品だと思うであろう。

 油彩画には、キャンバスの白をむきだしにする、という発想自体がないに違いない。

 だから、彼らにとっての白は、自らの筆で色づけをしたものなのであろう。

   □    □

 白は、無彩色であるがゆえに、画家の個性が出る色なのではないか。

 たとえば、大阪市中央区城見のギャルリーためなが大阪( http://tamenaga.com/ )で開催中の「ユトリロ ヴラマンク 荻須展」(24日まで。会期中無休。問い合わせ(電)06・6949・3434)のモーリス・ユトリロ(1883~1955年)とモーリス・ド・ヴラマンク(1876~1958年)の白を見比べてみるといい。

▼ Galerie Tamenaga (ギャルリーためなが)(外部サイト:http://tamenaga.com/ )

(次ページ)あの若山牧水の「白鳥は 哀しからずや…」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ