産経WEST

【萌える日本史講座】数々の遺跡大発見「橿考研80年」 大事件並みの夜回り取材、記者を育てた個性派集団

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【萌える日本史講座】
数々の遺跡大発見「橿考研80年」 大事件並みの夜回り取材、記者を育てた個性派集団

三角縁神獣鏡が副葬された状態で出土した黒塚古墳を報じる平成10年1月10日付の朝刊1面 三角縁神獣鏡が副葬された状態で出土した黒塚古墳を報じる平成10年1月10日付の朝刊1面

 通常の発掘現場では、記者が日中に訪ねると、遺跡の状況を丁寧に教えてくれることもしばしば。現場で記者を育ててくれたのも野武士集団ならではだった。

 黒塚古墳は発掘から20年、藤ノ木古墳は30年。菅谷文則所長は「誰もが知っていると思っている遺跡でも、若い世代はもう知らない。こうした調査成果を世代を超えていかに伝えていくかが大切な役割」と話した。

      

 同研究所付属博物館では今月17日まで、研究所の歩みを紹介する特別展「古代の輝き 日本考古学と橿考研80年の軌跡I」を開催。黒塚古墳の三角縁神獣鏡などを展示している。

このニュースの写真

  • 数々の遺跡大発見「橿考研80年」 大事件並みの夜回り取材、記者を育てた個性派集団

「産経WEST」のランキング