PR

産経WEST 産経WEST

神戸・六甲アイランドの中心施設で全テナント撤退へ 市「街の活性化厳しい」 街開き30年で活性化に黄信号

Messenger

 現在、人口約2万人の六アイにスーパーは2店舗しかなく、閉店後は1店舗のみになる。

 一方、同施設の管理組合に加わる市も所有会社と連絡が取れず、正確な事態を把握できていないという。市は官民一体で六アイを盛り上げようと、テナント誘致を要望してきたが実現には至らず、「所有が民間会社なので市が対応するにも限界がある。もはやどうしようもない」とあきらめの声が上がる。

 市の担当者は「市有地の空き区画に商業施設を誘致することなどを含め、新たな振興策を検討するしかない」とする。

 六アイの約6300世帯で構成する「六甲アイランドCITY自治会」の實)光(じっこう)良夫会長(70)は「島は今も阪神大震災の影響を引きずっている。スーパーがなくなるのはつらいし、不便だという声も多い。市のリーダーシップでスーパーの問題くらい解決できないと、島が発展する将来像を語っても夢のまた夢だ」と指摘している。

     ◇

  六甲アイランド 神戸市沖で昭和47年に埋め立てが始まり、63年に街開きされた人工島。今年3月に30周年記念式典が行われた。総面積は甲子園球場155個分の約595ヘクタール。商業施設やレジャー施設などが整備されたが、平成7年の阪神大震災や不況などの影響で、店舗閉鎖や企業流出が続いている。人口は6月1日現在で8101世帯の1万9512人となり、計画人口の3万人に届いていない。

 一方、昭和55年に街開きした人工島・神戸ポートアイランドは同様に人口が伸び悩んだが、市が平成10年に「医療産業都市構想」を打ち出すと、理化学研究所などの研究機関や医療関連企業が進出。18年には沖合に神戸空港が開港し、大学もキャンパスを設置するなど勢いを取り戻している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ