PR

産経WEST 産経WEST

男性10人が食中毒 兵庫・明石市の弁当屋

Messenger

 兵庫県明石市は13日、同市立石の弁当店「ボギー」の弁当を食べた22~77歳の男性10人が嘔吐や下痢の症状を訴えと発表した。市は同店の弁当が原因の食中毒と断定し、同店を13日から15日まで営業停止処分にした。

 市によると、10人は明石市と神戸市の2グループで、7日から10日にかけて同店の弁当を食べたという。全員快方に向かっている。4月の中核市移行で発足したあかし保健所管内では初めての食中毒となる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ