PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】仮想通貨にハンモック…独自の「コンセプトカフェ」が増加、差別化図り生き残り狙う

仮想通貨「ビットコイン」をテーマにしたカクテル=大阪市浪速区の仮想通貨カフェバー「コインズ」
Messenger

 アニメのキャラクターや動物など、さまざまなテーマを持った「コンセプトカフェ」が相次いでオープンしている。店内にいながらアウトドア気分が楽しめる「ハンモックカフェ」が人気を集めている一方で、5月には仮想通貨をテーマにしたカフェバーまでがオープンした。店主らが意識しているのは他店との差別化。「普通の店では埋もれてしまう」と危機感を抱き、来店客らがインスタグラムやツイッターなどのSNSを通じて発信したくなるような話題作りにあれこれと知恵を絞っている。(中井美樹)

身近に感じられる「仮想通貨」…決済も可

 「リップルが盛り上がっていますよね」「でも、僕はネム派なので、リップルは買っていないんですよ」

 大阪市浪速区日本橋に5月にオープンした「仮想通貨カフェバーCOINS(コインズ)」。店内5カ所に設置されたモニターには、12種類の仮想通貨の市場価格が表示されており、刻々と値段が変動していることが分かる。カウンター席では、男性客らがビールを飲みながら店のスタッフらと仮想通貨談義に華を咲かせていた。

 仮想通貨の取引を始めて1年ほどという兵庫県宝塚市の男性会社員(29)は「ここなら気兼ねなく仮想通貨の話ができるから楽しく過ごせます」と笑顔を見せる。実は、職場の同僚や友人らには「怪しいことをしていると思われそう」と仮想通貨をしていることは話していないという。

 同店は、東京・秋葉原や日本橋でメイドカフェを経営している「ぱるてのんプロ」(東京)が運営。メニューも仮想通貨をテーマにしたフードやドリンクを考案した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ