産経WEST

【サッカー】今後のW杯は共催型が主流に 出場チーム増加で開催リスク減が背景 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【サッカー】
今後のW杯は共催型が主流に 出場チーム増加で開催リスク減が背景 

2026年サッカーW杯の開催地に決まり、喜ぶ共催3カ国の招致関係者ら。左端は米国サッカー連盟のグラティ会長、右端はFIFAのインファンティノ会長=13日、モスクワ(ゲッティ=共同) 2026年サッカーW杯の開催地に決まり、喜ぶ共催3カ国の招致関係者ら。左端は米国サッカー連盟のグラティ会長、右端はFIFAのインファンティノ会長=13日、モスクワ(ゲッティ=共同)

 英BBCは22年大会が開催される中東カタールも隣国との共催型に変更する「兆候がある」と指摘し、今回のロシア大会が「1カ国の単独開催の最後のW杯になるかもしれない」と報じている。

「産経WEST」のランキング