PR

産経WEST 産経WEST

阪神球団社長が謝罪 スコアラーが盗撮容疑

Messenger

 プロ野球阪神の元選手で、同球団スコアラーの契約社員山脇光治容疑者(55)が、女性のスカート内を盗撮したとして、宮城県警に宮城県迷惑行為防止条例違反(盗撮)容疑で逮捕されたことを受け、揚塩健治球団社長(58)は13日、大阪市の阪神電鉄本社で記者会見し「非常に遺憾で、厳粛に受け止める。大変申し訳ない」と謝罪し、深々と頭を下げた。

 山脇容疑者は中日を分析する担当で、12日からの楽天-中日(楽天生命パーク宮城)の視察で仙台市を訪れていたという。事件発生時は試合前練習が行われており、揚塩社長は「練習を見るのが本来の姿と思う。その時間に球場にいなかったのは、球団としても管理ができていなかったと反省している。非常に信頼していただけに残念」と険しい表情で話した。

 過去にトラブルはなかったというが、球団が毎年11月に開いているという、出席が任意のコンプライアンス(法令順守)の研修会には「ここ数年、参加していない」と明かした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ