PR

産経WEST 産経WEST

名古屋城復元でEV不設置、河村市長が文化庁に説明 「世界の宝、お互いアイデア出して進めようと伝えられて良かった」

名古屋市の河村たかし市長=5月30日、名古屋市役所
Messenger

 名古屋市の河村たかし市長は13日、名古屋城の木造復元事業を巡り、文化庁で山崎秀保文化財部長と面会し、新天守閣のバリアフリー対策ではエレベーターを設置せずに、はしご車などの新技術を導入して対策を図ると説明した。

 エレベーター設置を求める障害者団体が文化庁に提出した要望書に対し、文化庁は5月末、利便性と史跡保存の両立を図るのが大切だと回答していた。

 面会で河村氏はエレベーターを設置しない理由について天守閣を史実に忠実に復元するためだと説明。山崎部長は障害者団体の理解を得るよう求めた。

 河村氏は面会後、記者団に「復元に向けた宿題をもらった。市と文化庁で食い違いがあるといけない。世界の宝をつくるため、お互いアイデアを出して進めようと伝えられて、とても良かった」と強調した。

 文化庁は事業の許認可権を持つ。市は今秋から国の文化審議会で事業の審査を受けるとの計画を立てている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ