産経WEST

米空軍F15の飛行訓練再開 墜落から2日

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


米空軍F15の飛行訓練再開 墜落から2日

 米空軍第18航空団は13日、米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)所属のF15戦闘機の墜落を受け、一時停止していた同型機の飛行訓練を再開した。防衛省などが明らかにした。墜落から2日後の再開。

 防衛省や県などによると、同日午前7時50分ごろに2機が飛び、その後も複数機が飛び立った。

 墜落は、11日午前6時25分ごろに沖縄県沖で発生。米軍のパイロット1人が緊急脱出し、救助されたが重傷を負った。

 県は沖縄防衛局などに原因究明まで同型機の飛行中止を米側に働き掛けるよう要請。一方、第18航空団は、13日から同型機の飛行を再開すると発表していた。

「産経WEST」のランキング