産経WEST

12月の佐賀県知事選、現職山口氏が出馬表明

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


12月の佐賀県知事選、現職山口氏が出馬表明

 佐賀県の山口祥義知事(52)は13日の定例県議会で、任期満了に伴う県知事選(11月29日告示、12月16日投開票)に、再選を目指して立候補する意向を表明した。「世界に誇れる佐賀県を実現するために、再び知事選に挑戦する決意をした」と述べた。

 同知事選を巡っては、これまでに立候補を表明した人はいないが、共産党が候補者擁立を検討している。

 前回の県知事選は保守勢力が分裂。一部の自民党県議や首長、安倍政権の農協改革に反発した地元JAなどの支援を受けた山口氏が、自民、公明両党が推薦した候補者ら3人を破り初当選を果たした。

 山口氏は埼玉県出身で、本籍地は両親の出身地の佐賀県白石町。東大卒で平成元年に旧自治省(現総務省)に入り、長崎県総務部長などを歴任した。

「産経WEST」のランキング