PR

産経WEST 産経WEST

【衝撃事件の核心】覚醒剤買うために密売年間1000回以上の女

Messenger

 1年間で千回以上にわたり、計約3万2千回使用できる量の違法薬物を売りさばく-。この内容から、どのような犯人像をイメージするだろうか。暴力団などの組織的な背景を考えるかもしれない。だが、これは大阪市内の40代の無職女が、自分で使用する薬物の購入代を稼ぐためにやったことだった。麻薬特例法違反罪などに問われた、この女に対する裁判員裁判が5月、大阪地裁で開かれた。女は仕入れから配達まで全て1人でやりくりしていた。理由は「金を稼げて、覚醒剤を常に手元に置いておける」。過去に覚醒剤の使用で2回有罪判決を受けていたが、自身が薬物依存症と自覚することもなかった。薬物汚染の負の連鎖。事件からは再犯を防ぐための司法制度の課題も浮かび上がった。

出所後すぐ覚醒剤に手を出す

 判決などによると、女は平成28年6月に覚醒剤の密売を始めた。きっかけは「覚醒剤ほしさ」だった。

 女はそれまでに覚せい剤取締法違反罪(使用)などで2回有罪判決を受けており、25年に刑務所から出所。だが、出所後まもなくして覚醒剤の使用を再開した。

 定職はなく生活保護を受給していたが、覚醒剤の購入費がかさみ、携帯電話の利用料が払えなくなるまでになった。そこで、収入のほか「覚醒剤を好きなときに好きなだけ使える」との魅力もあり、密売に手を出した。

 手口は単純だった。仕入れ先は、以前からの購入先に紹介された女性。女性から薬物を購入すると、インターネットの匿名掲示板で客を募り、相手の希望に合わせて薬物を郵送したり、待ち合わせ場所に持っていったりした。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ