PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】「白タク」規制から活路…米ウーバーが淡路島で配車サービス、地域の新しい足に

Messenger

新たな地域の足

 過疎地域での交通網の充実に向けた新たな“足”の確保は、他地域でも試みが進んでいる。

 兵庫県養父市では中山間地域の高齢者ら交通弱者の救済のため、タクシーに代わってマイカーで有償運行する事業が5月26日から始まった。国家戦略特区の規制緩和を活用した全国でも先駆的な取り組みで、地元住民だけでなく観光客の利用も見込む。

 バスやタクシーの採算が合わない市内の山間部で限定実施され、市やタクシー会社などが運営主体となるNPO法人に登録したドライバーが自家用車で客を運ぶ。料金はタクシーの6~7割で、売り上げの7割がドライバーの収入になる。

 同市の担当者は「タクシー事業者などは市街地に拠点を置いており、山間部に出向くと採算が合わないケースがある」といい、「豪雪地帯でもあり、高齢者の足の確保は重要な課題。タクシーなど既存の交通サービスとはうまく棲(す)み分けできるはずだ。将来に向け、地域の足を育てていきたい」と期待する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ