PR

産経WEST 産経WEST

妻と義母殺害、男が控訴 懲役24年判決不服、岐阜

Messenger

 岐阜県大垣市の住宅で平成29年3月、妻と義母を殺害したとして殺人罪に問われた無職桐山悟被告(40)が12日、懲役24年を言い渡した岐阜地裁判決を不服として名古屋高裁に控訴した。

 弁護側は公判で「犯行当時は心神耗弱状態だった」などとして刑の減軽を求めたが、岐阜地裁は5月29日の判決で懲役24年を言い渡した。求刑は懲役25年だった。

 判決によると、桐山被告は29年3月24日、妻のやよいさん=当時(35)=の首を両手で絞めるなどして殺害。さらに義母の児玉真知子さん=同(63)=の頭部を石油ファンヒーターで殴って、殺した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ