産経WEST

処方薬を訪日客に販売のため貯蔵容疑 中国人ら9人を逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


処方薬を訪日客に販売のため貯蔵容疑 中国人ら9人を逮捕

 処方箋が必要な医薬品を中国人観光客らに販売する目的で保管したとして、大阪府警生活環境課は12日、医薬品医療機器法違反(販売目的貯蔵)の疑いで、中国籍で貿易会社「プロフェット」(大阪市西成区)代表取締役、張金利容疑者(35)=堺市堺区中安井町=ら4グループの男女計9人を逮捕したと発表した。

 同課は5月、大阪市内にある各グループの事務所を摘発。高血圧や糖尿病の薬、ピロリ菌除去薬、健康食品などの医薬品計約14万点を押収した。医薬品の入手先についても捜査している。

 逮捕容疑はグループごとに共謀し5月下旬、大阪市内の各事務所で医薬品を販売目的で所持したとしている。張容疑者ら3人は容疑を認め、ほかの6人は否認したり曖昧な供述をしたりしているという。

 同課によると、日本の医薬品は中国で人気が高く、張容疑者らは中国人向け無料通話アプリなどで客を募集。日本で仕入れた医薬品であることをアピールして販売していた。ドラッグストアにいた中国人観光客に声をかけ、本来は処方箋がないと買えない医薬品を販売するグループもあったという。

「産経WEST」のランキング