産経WEST

26歳男に懲役7年求刑 鹿児島で141万円強盗

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


26歳男に懲役7年求刑 鹿児島で141万円強盗

 鹿児島市のコンビニで包丁を突き付けて脅迫する手口で現金約141万円を奪ったなどとして、強盗や銃刀法違反などの罪に問われた住所不定の無職、久留恵剛被告(26)の論告求刑公判が12日、金沢地裁(田中聖浩裁判官)で開かれ、検察側は懲役7年を求刑し結審した。判決は29日。

 検察側は「事前に包丁を準備するなど計画的な犯行。被害店舗の店員の心身に与えた影響は重大」と指摘。弁護側は「被害者に謝罪文を送るなど反省している」と情状酌量を求めた。

 起訴状によると、久留被告は昨年12月30日、鹿児島市上之園町のコンビニに押し入り、店長に包丁を突き付け、現金約141万円やたばこを奪った。今年1月23日には金沢市北安江のホテルで支配人に包丁を示し、利用料金2万3900円を支払わずに逃走したとしている。

「産経WEST」のランキング