産経WEST

久留米大で研究費不正受給 680万円、講師ら停職

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


久留米大で研究費不正受給 680万円、講師ら停職

記者会見で謝罪する久留米大の関係者ら=12日、福岡県久留米市 記者会見で謝罪する久留米大の関係者ら=12日、福岡県久留米市

 久留米大(福岡県久留米市)は12日、医学部歯科口腔医療センターの女性講師(53)が国の科学研究費680万円を不正受給したほか、男性准教授(51)が研究費約30万円を不正使用していたと発表した。講師は停職90日、准教授は停職30日の懲戒処分とし、センター長は出勤停止20日とした。

 大学側は全額返納し、12日の記者会見で謝罪した。いずれも研究費確保が目的で、私的流用はなかったとしている。

 久留米大によると、講師は平成18年度、学内の研究者2人の名前を無断で使って応募し受給。不正を認め「複数のテーマで研究するため、自由に使える金が欲しかった」と話している。

 准教授は15年度に交付された研究費の一部で物品を購入したように装い、業者に預け金として保管させ、研究期間が過ぎても返納しなかった。

「産経WEST」のランキング