産経WEST

万博誘致レース、日本「開催実績」のアドバンテージは? ライバル国は逆手にとり「未開催地に」と訴え

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


万博誘致レース、日本「開催実績」のアドバンテージは? ライバル国は逆手にとり「未開催地に」と訴え

立候補3カ国の国際イベントなどの開催実績 立候補3カ国の国際イベントなどの開催実績

 日本にとって気がかりなのは、万博未開催の両国が「万博を何度も開催した日本は、新興国にホスト国を譲るべきだ」という論調を強調している点だ。

 日本は大阪や愛知での経験をアピール材料の一つにしたい考えだが、科学技術などテーマを絞った認定博を含めると、昨年はカザフスタン、2020年はアラブ首長国連邦、23年はアルゼンチンが万博開催地となるなど、新興国の躍進が目立っている。

 関係者によると、産油国のアゼルバイジャンは豊富なオイルマネーによる途上国への経済支援や、自動車レースのF1などの大会開催実績を武器にPR。ロシアは6月14日から7月15日に開催するサッカー・ワールドカップの終了後に、万博の誘致活動に本腰を入れてくるとみられている。

「産経WEST」のランキング