PR

産経WEST 産経WEST

【鬼筆のスポ魂】4球団増やせ-野球くじ「暗礁」で飛び出した「逆転の発想」野球振興策

勝利を祈りジェット風船を飛ばす阪神ファン。優勝を狙えるチーム造りが求められる
Messenger

 プロ野球を対象としたスポーツ振興くじの導入が暗礁に乗り上げた。日本野球機構(NPB)と超党派の国会議員でつくるスポーツ議員連盟は2019年を目標に「野球くじ」の導入を議論していたが、条件面での隔たりが大きく話し合いは物別れに終わった。

 球界関係者によるとNPB側はくじの売上額にかかわらず、最初から一定額を受け取ることを希望。「具体的な内容は言えないが、年間15億円から20億円までの幅で要求していた」と関係者は話した。しかし、文部科学省やスポーツ庁はNPBの要求に応じれば01年から本格発売されているサッカーくじ(toto)に悪影響が出ることを危惧し、最後まで首を縦に振らなかった。

 サッカーくじは売上金の50%を当せん払戻金に、経費などを差し引いた収益のうち国庫納付金に4分の1、スポーツ振興の助成に4分の3が配分されている。NPBの要求に応じてしまうとサッカー界への配分比率の見直しを迫られるわけだ。

 「まさに両者は水と油のような状況に陥った。19年導入は絶望的で、話し合いを再開するメドもない」とは球界関係者の言葉だ。それでもNPB側はあくまで交渉継続を求めている。野球振興策の積立金があと数年で底をつくという台所事情が背景にあるからだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ