産経WEST

巨大地震対策の準備不足多数 愛媛経済同友会、会員企業調査 意識の醸成は進む

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


巨大地震対策の準備不足多数 愛媛経済同友会、会員企業調査 意識の醸成は進む

店舗にずらりと並んだ防災グッズ。家庭も企業も日頃の備えが大切だ=松山市のいよてつ高島屋7階、東急ハンズ松山店 店舗にずらりと並んだ防災グッズ。家庭も企業も日頃の備えが大切だ=松山市のいよてつ高島屋7階、東急ハンズ松山店

 社員が会社近くの避難所・避難場所を知っているかでは、ほぼ全員知っている115社(44%)、一部の社員は知っている84社(32%)、ほとんど知らない61社(23%)となっている。

 さらに、大規模災害に備え備蓄をしているかの問いでは、非常食(41%)や飲料水(55%)、電灯類(46%)、ロープ・軍手(49%)などは回答数が多かった。防災セット(33%)、ラジオ(36%)、医薬品(36%)、発電機(29%)もほぼ3分の1の会員企業が備えていた。一方、携帯充電器(20%)、携帯トイレ(21%)、カイロ(14%)、ヘルメット(7%)、ナイフ(15%)、シャベル(18%)、燃料(18%)、毛布類(20%)アウトドア用品(9%)は少なかった。何もなしと回答した会員企業も54社(21%)あった。

 支援・協力体制については、既に協定を結んでいるモノやサービスがあると答えた会員企業が69社あり、締結先は行政、同業種団体などだった。協定は結んでいないが地域に協力したいは122社。関心はあるが協力できるモノやサービスがないは50社、あまり関心がないが15社だった。

続きを読む

「産経WEST」のランキング