PR

産経WEST 産経WEST

翁長・沖縄知事「責任全うしたい」手術後初の県議会に出席

沖縄県議会で発言する翁長雄志知事=12日午前
Messenger

 沖縄県の翁長雄志知事は、12日開会した6月定例県議会に出席し、膵臓腫瘍の切除手術を受けた自らの体調に関し「県民に大変心配をかけた。公務に全力で取り組み、与えられた知事としての責任を全うしたい」と述べた。県議会への出席は4月の手術後初めて。

 帽子を着用し、沖縄の夏の正装「かりゆしウエア」姿で登壇。手術は成功したと強調した上で、現在は再発や転移を抑える治療を続けていると明らかにした。12月に任期満了を迎えるが、次期知事選への対応は言及しなかった。

 県議会の会期は7月6日まで。県によると、代表質問や一般質問の答弁にも立つ予定だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ