産経WEST

知人に水銀たばこ、認める 殺人未遂初公判、検察側「完全犯罪狙った」大津地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


知人に水銀たばこ、認める 殺人未遂初公判、検察側「完全犯罪狙った」大津地裁

 滋賀県栗東市で昨年6月、水銀を含ませた加熱式たばこを知人男性(37)に吸わせたとして、殺人未遂罪に問われた大津市の設備業宮脇貴史被告(37)は12日、大津地裁(伊藤寛樹裁判長)の裁判員裁判の初公判で起訴内容を認めた。

 検察側は冒頭陳述で、宮脇被告が経営する携帯電話修理会社で働いていた男性から給与の未払いを叱責され、不満を募らせて殺意を覚えるようになったと指摘。「完全犯罪をしようと考え、男性が普段吸っている加熱式たばこに水銀を入れれば、毒性のある煙を吸わせることができると思い付いた」と主張した。 弁護側は「男性から暴力を受けるなど、殺意を抱くだけの背景があった」として考慮を求めた。

 起訴状によると、昨年6月3日、男性を殺害しようと、栗東市の路上に止めた車内で水銀を含ませた市販の加熱式たばこ1箱(カートリッジ20本入り)を男性に渡し、翌日までに14本吸わせ、全治不明の味覚障害を負わせたとしている。

(修正前: 捜査関係者によると、男性は宮脇被告が経営していた携帯電話修理会社に勤務。給料の未払いでトラブルになっていた。)

「産経WEST」のランキング