産経WEST

沖縄沖・米軍機墜落で自治体が抗議 嘉手納基地抱える3市町

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


沖縄沖・米軍機墜落で自治体が抗議 嘉手納基地抱える3市町

 沖縄県沖で米空軍嘉手納基地(嘉手納町など)所属のF15戦闘機が墜落したことを受け、同基地を抱える地元3市町の首長らが12日午前、住民が巻き込まれる重大事故につながりかねないとして、防衛省沖縄防衛局を訪れ抗議した。

 3市町は沖縄市、北谷町、嘉手納町。事故原因が究明され、再発防止策が講じられない限りは同型機の運用を差し止めるべきだと米軍側に要請するよう求めた。中嶋浩一郎局長は「あってはならない事故。しっかりと対処したい」と応じた。

 米空軍はF15の飛行訓練を一時中止することを11日に発表。ただ、北谷町の野国昌春町長によると、12日も午前6時にF22最新鋭ステルス戦闘機が同基地を離陸したといい、「住民感情を逆なでしている」と批判した。

 今回の事故は11日午前6時25分ごろ発生。パイロット1人が緊急脱出し、救助された。12日午後には、地元住民らが同基地のゲート前に展開するほか、県も沖縄防衛局や外務省の幹部を県庁に呼んで抗議。

「産経WEST」のランキング