PR

産経WEST 産経WEST

ハモ、茄子田楽、ゆば…京都・二条城非公開庭園で特別朝食 7~9月、入城時間2時間45分拡大

二条城清流園にある香雲亭で味わえる予約制の朝食「京のゆば粥御膳」=京都市中京区
Messenger

 世界遺産・二条城(京都市中京区)では7~9月、開城時間が午前8時に繰り上げられる。これに合わせ、通常は非公開の庭園「清流園」の香雲亭で、朝食の特別メニューを予約制で提供する。

 昨年7、8月に初めて実施したところ好評だったため、今年は期間を延長。また、夕方の涼しく混雑の少ない時間帯に観覧できるよう、閉城時間も遅くする。

 朝食の特別メニューは、湯引きしたハモや賀茂茄子田楽などと、京都を代表する食材のくみ上げゆばを使ったゆば粥(かゆ)や生麩を使ったサラダなどからなる松花堂弁当を組み合わせた「京のゆば粥御膳」(税込み3千円)。1日40食限定の完全予約制。料理は円山公園(同市東山区)内にある料亭「京料理いそべ」が担当する。清流園の美しい庭を眺めながら、健康的な朝ごはんをいただける。

 昨夏は当初30食だったが、好評だったため段階的に40食まで増やして対応した。市の担当者は「朝食客の4割は京都市民。朝食が二条城を訪れるいい機会になったと思う」と話している。

 清流園と香雲亭は江戸時代の豪商、角倉了以の屋敷跡から建築部材や庭石、樹木などを移築して造られた。結婚式や茶会など限定されたイベントのとき以外は非公開になっている。

 現在、二条城は午前8時45分開場、午後5時閉城(午後4時受け付け終了)だが、7~9月は午前8時開城とし、7、8月は午後7時閉城と入城時間を2時間45分拡大する。朝食の問い合わせと予約(午前10時~午後4時)は京料理いそべ(電)075・551・1203。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ