産経WEST

豊中・豊島西小と茨木・西陵中が全国切符 小・中学校囲碁団体戦大阪府大会

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


豊中・豊島西小と茨木・西陵中が全国切符 小・中学校囲碁団体戦大阪府大会

熱戦を繰り広げる参加者=大阪市北区 熱戦を繰り広げる参加者=大阪市北区

 第15回文部科学大臣杯小・中学校囲碁団体戦(日本棋院、産経新聞社主催)の大阪府大会が10日、大阪市北区の日本棋院梅田囲碁サロンで開かれ、小学校の部は豊中市立豊島(てしま)西小、中学校の部は茨木市立西陵中が優勝した。両チームは府代表として7月29日から2日間、東京都千代田区の日本棋院で行われる全国大会に出場する。豊島西小は2年連続2度目、西陵中は3年連続3度目の出場。

 小学校、中学校の各部とも4チーム(チームは3人で編成)が参加。リーグ戦を行い、全国切符を目指す熱戦を展開した。豊島西小5年、高橋一誠さん(11)は「チームワークの勝利。全国大会でも自分たちの力が出せるように頑張りたい」と強調。西陵中3年、宮田篤志さん(14)は「応援が励みになった。次も最善を尽くしたい」と全国を見据えていた。

 全国大会には都道府県の代表として小・中各64チームが出場する。

「産経WEST」のランキング