産経WEST

我らロボサッカー日本代表 滋賀・立命館守山高サイテック部、世界大会へ意気込み「日本の良さ伝える」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


我らロボサッカー日本代表 滋賀・立命館守山高サイテック部、世界大会へ意気込み「日本の良さ伝える」

ロボカップジュニア世界大会に向け、ロボットの改良に励む立命館守山高校のサイテック部員ら=滋賀県守山市 ロボカップジュニア世界大会に向け、ロボットの改良に励む立命館守山高校のサイテック部員ら=滋賀県守山市

 18日にカナダで開幕するロボカップジュニア世界大会のサッカー競技に、立命館守山高校(滋賀県守山市三宅町)のチーム「Ri-one Nano(リオンナノ)」が初出場する。メンバーの4人は「日本のロボットの良さを世界に伝えたい」と意気込む。(杉森尚貴)

 出場するのは、物理、生物分野の研究活動を行うサイテック部3年の石川寛太さん(17)、広橋拓武さん(18)、笹畑勇人さん(17)と2年の松本侑大さん(16)の4人。3、4月に和歌山県で行われた日本大会で64チームの頂点に立った。

 競技は自律型ロボット2台を使用し、横243センチ、縦182センチのコートでボールをゴールに入れて点を取り合う。4人が出場するライトウェイト部門では「機体の重さが1100グラム以内」の制限がある。

 事前にロボットに行動パターンを設定するなど、機体製作と高度なプログラミング技術が求められる。また、世界大会では試合結果だけでなく、英語でのプレゼンテーションやチーム内の連携なども採点対象。4人はそれぞれ役割分担して製作に励む。

続きを読む

「産経WEST」のランキング