産経WEST

【新幹線3人殺傷】犠牲の梅田さん、外資系化学メーカーに勤務「世界への夢」語っていた

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【新幹線3人殺傷】
犠牲の梅田さん、外資系化学メーカーに勤務「世界への夢」語っていた

小島一朗容疑者(吉沢良太撮影) 小島一朗容疑者(吉沢良太撮影)

 東海道新幹線内の3人殺傷事件で、負傷した女性をかばって犠牲になった兵庫県尼崎市の会社員、梅田耕太郎さん(38)を知る人々は「正義感が強く、誰とでも仲良くなれる好青年だった」と振り返り、突然の死を惜しんだ。

 学生時代の知人らによると、梅田さんは横浜市出身。神奈川県内の進学校を経て東大工学部を平成14年に卒業後、大学院に進学してプラズマや半導体などの電気工学分野を研究した。

 就職後は民間企業を経て29年4月から外資系の化学メーカー「BASFジャパン」(東京)で勤務し、現在は大阪オフィスを拠点として営業などを担当。兵庫県尼崎市に住んで月3、4回は関東へ出張に来ており、事件に巻き込まれる2日前の7日から横浜市内の施設で社内研修を受けていた。

 学生時代を知る大学関係者の男性は「はつらつとした印象で研究熱心。友達付き合いもよかったようだ」と話す。経済的に苦しくて飲み会などに参加しづらい外国人留学生に対しても、研究室で孤立しないよう積極的に話し掛ける優しさが印象に残っているという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 犠牲の梅田さん、外資系化学メーカーに勤務「世界への夢」語っていた

関連トピックス

「産経WEST」のランキング