PR

産経WEST 産経WEST

天皇杯・名古屋-奈良クでPK戦やり直し サッカー協会「主審に明らかな適用ミス」

Messenger

 日本サッカー協会は11日、天皇杯全日本選手権2回戦の名古屋-奈良クラブ(6日・パロマ瑞穂スタジアム)で、主審がPK戦において明らかな競技規則の適用の誤りがあったとして奈良クラブが勝ったPK戦を取り消し、1人目からやり直すと発表した。

 日本協会は今回の事案を国際サッカー評議会にも確認し、天皇杯実施委員会を開いて協議した。

 J1勢の初戦となった6日、名古屋は前半に先制したが、後半に追い付かれた。PK戦で日本フットボールリーグの奈良クラブが5-4で勝つ番狂わせとなっていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ