PR

産経WEST 産経WEST

【将棋】藤井聡太七段の師匠「寝て起きると強くなっている。うらやましい」

笑顔で握手する藤井聡太七段(左)と師匠の杉本昌隆七段=10日午後、名古屋市
Messenger

 史上最年少での昇段を果たした将棋の藤井聡太七段(15)が10日、名古屋市内のホテルで記者会見し「これだけ速く昇段するとは思ってなかった」と振り返るとともに、次の目標について「力を付けタイトルを目指したい」と語った。

 わずか約1年半で四段から昇段した藤井七段。スーツにブルーのネクタイ姿で「プロになったころ、タイトルは遠い目標だったが、少し距離を縮められた」と自信をのぞかせた。

 現在、出場を決めているタイトルの決勝トーナメントについて「厳しい道のりだが、一局一局、全力を尽くしたい」と力を込めた。

 同席した師匠の杉本昌隆七段(49)は弟子の成長を「寝て起きると強くなっている感じ。弟子としては頼もしく、棋士としてはうらやましい」と評した。

 会見後、同じ場所で五~七段への昇段を祝う会が開かれ、地元の愛知県瀬戸市の伊藤保徳市長や将棋関係者ら約500人が出席した。藤井七段は花束を受け取った後に五段、七段への昇段を決めた対局の大盤解説を行い、会場を盛り上げた。

 産経新聞社では将棋の魅力をより深くお伝えするコンテンツ作りのためアンケートを実施しています。ご回答いただいた方から抽選で20人の方にクオカード(1000円相当)が当たります。是非、ご回答ください。

⇒アンケートはこちらから

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ