産経WEST

沖縄沖で米軍F15戦闘機が墜落 嘉手納基地所属、パイロットは空自救難隊が救出

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


沖縄沖で米軍F15戦闘機が墜落 嘉手納基地所属、パイロットは空自救難隊が救出

沖縄県の米空軍嘉手納基地で訓練を行うF15戦闘機=平成29年5月 沖縄県の米空軍嘉手納基地で訓練を行うF15戦闘機=平成29年5月

 11日午前6時25分ごろ、那覇市の南約80キロの海上で、飛行訓練中だった米空軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)所属のF15戦闘機1機が墜落した。搭乗者はパイロット1人で、緊急脱出し救助された。小野寺五典防衛相は米軍に対し、安全管理の徹底と再発防止を要請した。

 沖縄県の翁長雄志知事は、相次ぐ米軍機のトラブルについて「そういう状況が当たり前だということでは、将来の子孫に責任を持てない。先進国でこういう国はないのではないか」と強い不快感を表明した。県は、安全が確認されるまでの同型機の飛行中止を米軍に求めた。

 防衛省や米軍などによると、F15は計7機で飛行訓練していた。墜落した周辺の海域で民間船などへの被害の情報はない。パイロットは骨折したが、命に別条はないという。航空自衛隊那覇基地によると、空自那覇救難隊が救出した。

 嘉手納所属のF15は平成25年5月、沖縄県国頭村沖で墜落事故を起こした。今年2月には重さ約1・4キロのアンテナを飛行中に落下させるトラブルがあった。

「産経WEST」のランキング