PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】「点」「線」「文字」…新たな枠組みで現代美術を紹介する試みに注目

ヘンリー・ムアのブロンズ彫刻「ナイフ・エッジ」(左)などの展示風景。テーマ別の展示を試みた展覧会で登場している=大阪市北区中之島
Messenger

 大阪市北区中之島の国立国際美術館で開催されている「視覚芸術百態:19のテーマによる196の作品」は、現代美術中心の美術館として開館40周年を迎えた同館の8000点を超える収蔵品のなかから選び出した作品を、従来の「時代別・地域別」という展示方法から一歩進め、欧米で生まれた「テーマ別」という方法での展示を試みた展覧会である。

 具体的には、「点」や「線」、「面」、「色彩」、「文字」などのテーマを設定し、分類する。

 所蔵作品をテーマでくくる方法は、英国の近現代美術館、テート・モダンが2000年の開館時に行ったのが最初とされている。その後、ニューヨーク近代美術館やパリのポンピドゥー・センターなどでも実施され、定着してきた。

 価値観の多様化が進んだことにより、従来の手法で作品を整理することが困難になってきたという事情が、その裏にあるといわれている。

 しかし、そもそも現代美術に「時代別」や「地域別」があったことすら知らないという人も多いだろう。

 現代美術は、広くは20世紀美術のことをいうが、一般には第二次世界大戦後の美術に限定する場合が多い。

 戦後、欧州に替わってアートの覇権を握ったのが米国だ。戦争による欧州の荒廃によって、米国は押し出されるように世界の美術の中心へと躍り出た。それによって現代美術の中心は米国、それ以外はローカルという新しい枠組みができあがったのである。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ