産経WEST

「好みの子だった」電車内で強制わいせつ容疑 会社社長を逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「好みの子だった」電車内で強制わいせつ容疑 会社社長を逮捕

 電車内で女性にわいせつな行為したとして、京都府警下京署は8日、強制わいせつ容疑で、京都市右京区嵯峨天龍寺造路町(さがてんりゅうじつくりみちちょう)の会社社長、茶屋通夫(ちゃやみちお)容疑者(50)を現行犯逮捕した。「好みの子だった」などと容疑を認めている。

 逮捕容疑は8日午後6時ごろ、JR山陰線二条-京都間の電車内で、滋賀県彦根市内の女子大生(19)の胸や下半身を触るなどしたとしている。

 同署によると、茶屋容疑者は二条駅で乗車し、発車後に服の上から女子大生の下半身などを触り始めた。行為を見た乗客の男性ら3人が、京都駅で駅員に連絡した。女子大生は大学からの帰宅途中で「恐怖で声をあげられなかった」などと話しているという。

 同署によると、茶屋容疑者は大阪市内にある蓄電システム開発会社の社長。

「産経WEST」のランキング