PR

産経WEST 産経WEST

【通崎好みつれづれ】平岡養一と高校野球

「高校野球発祥の地記念公園」にある第1回大会始球式のレリーフ=大阪府豊中市
Messenger

 先日「100回つなぐ始球式リレー」出発式の話題が報道された。今夏第100回を迎える全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)の記念行事で、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)での全国大会始球式に向けて各地にボールをつなぐ試みだ。これに関連した、あるエピソードを紹介したい。

 出発式は「高校野球発祥の地記念公園」(大阪府豊中市)で行われた。その一角に、大正4(1915)年の第1回大会始球式の様子を描いたレリーフがある。右端には、羽織袴(はおりはかま)の礼装で球を投げる朝日新聞社の村山龍平社長。1人おいて左にいるのが、副審判長の平岡寅之助(とらのすけ)。私が使っている1935年製木琴の前の持ち主、名木琴奏者・平岡養一の父親だ。

 寅之助は兄・●(にすいに「煕」、ひろし)の影響で野球と関わるようになった。兄は明治の初めアメリカに渡っており、当地で「岩倉使節団」の木戸孝允(たかよし)の通訳を務めた記録もある。アメリカでは鉄道技師としての経験を積み、帰国後に日本初、個人経営の車両製造工場「平岡製工所」を設立する。アメリカの野球チームでも活躍。日本初の野球チーム「新橋アスレチック倶楽部」も結成し、活動した。「日本で最初にカーブを投げた男」といわれ、野球殿堂入り第1号を果たす。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ