PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】大阪の篤志家2億7千万円投じ郷土・三重の寺復興、7代前の先祖も用水築く

再建工事に入る前の仁王門。解体に伴う調査で宝永3(1706)年に完成したことが判明した=三重県多気町丹生の丹生山神宮寺
Messenger

 弘法大師・空海が伽藍(がらん)を造営した伝承がある丹生山(にうさん)神宮寺(三重県多気(たき)町丹生)のシンボル「仁王門」の老朽化に伴う再建工事が、大阪の篤志家が支出する2億7千万円を原資に進められている。篤志家は江戸時代、長大な農業用水を築き、村の窮乏を救った郷土の偉人、西村彦左衛門(ひこざえもん)の7代子孫。神宮寺以外の寺社や墓の修復にも莫大(ばくだい)な私財を投じており、地域から「平成の彦左衛門さん」と慕われているという。

 ■村を救った先祖

 仁王門の再建費用を出資したのは、神宮寺門前で生まれ育った大阪市平野区の西村彦蔵さん(76)。20代半ばの昭和41年、コピー機などの部品を作る精密板金会社、西村加工所(現・西村製作所)を創立、経営を続けている。

 「故郷のため一肌脱ごうと決めたのは、立派なご先祖の彦左衛門さんにならいたいとの思いからです」

 西村彦左衛門は、丹生村で酒屋を営み、江戸時代後期に農業用水「立梅(たちばい)用水」を敷設したとされる。丹生村は、伊勢参宮の土産物にされた化粧品「伊勢白粉(おしろい)」などの原料になった鉱物の辰砂(しんしゃ)(水銀、丹)の産地として中世をピークに繁栄したが、彦左衛門の時代は産出量の激減ですっかり衰退していた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ