PR

産経WEST 産経WEST

【銀幕裏の声】「イーストウッドには負けない!」“寅さん”の名匠、山田洋次監督が語る家族映画論

家族会議の演出をする山田洋次監督(中央) (c)2018「妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII」製作委員会
Messenger

 「なぜ最近の邦画は若者向けの作品ばかりなのか? もっと大人のための映画が作られてもいい…」。公開中の映画「妻よ薔薇(ばら)のように 家族はつらいよIII」を撮った山田洋次監督は、こう語り始めた。かつて家族連れで楽しめるプログラムピクチャーと呼ばれた名作シリーズが、邦画に数々あったが、その路線が途絶えて久しい。そんな中、「家族はつらいよ」は3作目となり、長期シリーズ化を予感させる。「男はつらいよ」「釣りバカ日誌」などの監督、脚本を務めてきた山田監督に「シリーズ化の秘訣(ひけつ)は?」と聞くと、「もちろんありますよ」と即答してきた。重鎮監督が明かす“ヒットの方程式”とは…。(戸津井康之)

■プログラムピクチャー復活

 「家族はつらいよ」は、全48作が製作された国民的人気シリーズ「男はつらいよ」が終了し、約20年後に1作目が公開された。

 頑固親父(おやじ)の平田周造(橋爪功)、優しい母、富子(吉行和子)、会社人間の長男、幸之助(西村まさ彦)と妻、史枝(夏川結衣)ら3世代4組の家族が巻き起こす騒動を描く喜劇だ。

 これまで、亭主関白の幸之助のわがままな言動に耐えてきた史枝が3作目でついに爆発。家出をするが、とたんに平田家は崩壊の危機を迎え、周造は家族全員を招集、“シリーズ恒例”の緊急家族会議が開かれる-というストーリーだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ