産経WEST

【関西の議論】籠池被告の初公判いつ? 長期化する公判前整理手続き、過去最高平均8カ月超に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
籠池被告の初公判いつ? 長期化する公判前整理手続き、過去最高平均8カ月超に

 学校法人「森友学園」(大阪市)の補助金詐取事件で詐欺罪などで起訴され、約10カ月にわたり勾留されていた学園前理事長の籠池(かごいけ)泰典被告(65)と妻の諄子(じゅんこ)被告(61)が5月25日、大阪拘置所(同市都島区)から保釈された。2人は今後、刑事裁判を受けることになるが、裁判の前に争点整理などを行う「公判前整理手続き」は依然続いており、いまだ初公判の日程などが決まっていない。近年、公判前整理手続きは長期化の傾向にあるといい、昨年は手続きに入って終了するまで平均8・1カ月を要し、導入以降最長。籠池被告らの手続きは、これを超えると見込まれている。最高裁は長期化の要因分析を進め、今後改善策をまとめる方針だ。

籠池夫妻の公判いつ

 「国策勾留と認識している」

 25日夜、保釈後に大阪市内で記者会見した籠池被告は改めて持論を展開し、勾留期間を「非常に苦痛だった。やっと出させてもらった」と振り返った。

保釈後に記者会見する籠池泰典被告(右)と妻諄子被告=5月25日、大阪市北区 保釈後に記者会見する籠池泰典被告(右)と妻諄子被告=5月25日、大阪市北区

 ベテラン検事によると、勾留期間は、被告側が裁判での主張を明らかにするかどうかが関係してくる。弁護側の主張が定まらなければ、裁判で扱う証拠が決まらず、保釈された後に証拠を隠滅する恐れを完全に払拭できないからだ。

 関係者によると、籠池被告らは公判前整理手続きで、国の補助金については詐欺罪の成立を争う方針を示した。また、幼稚園への補助金については、籠池被告が外形的な事実を大筋で認めるが犯意などを争う方針で、諄子被告は否認する意向という。

 今回は被告側が裁判での主張を大まかではあっても一定程度明らかにしたことなどから、大阪地裁が逃亡や罪証隠滅の恐れが低いと判断し、今回の保釈を認めたとみられる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 籠池被告の初公判いつ? 長期化する公判前整理手続き、過去最高平均8カ月超に
  • 籠池被告の初公判いつ? 長期化する公判前整理手続き、過去最高平均8カ月超に

関連トピックス

「産経WEST」のランキング