PR

産経WEST 産経WEST

【プロ野球】ベテラン鳥谷の輝き 阪神が2-1でオリックスに競り勝つ

Messenger

 甲子園球場で7日、行われたセ・パ交流戦、阪神-オリックス戦で阪神が2-1で競り勝った。

 オリックスは六回表、好調の吉田正の適時三塁打で1-1の同点。しかし、その裏に阪神は、2死一塁の場面で鳥谷が右中間二塁打を放ち、勝ち越した。

【プロ野球交流戦阪神対オリックス】6回、適時2塁打を放つ阪神・鳥谷敬 投手は金子千尋=甲子園球場(撮影・松永渉平)
【プロ野球交流戦阪神対オリックス】6回、適時2塁打を放つ阪神・鳥谷敬 投手は金子千尋=甲子園球場(撮影・松永渉平)

 秋山が7回1失点で5勝目。桑原、ドリスの継投で逃げ切った。オリックス金子は6回2失点で5敗目。オリックスは連勝が3で止まった。

 阪神にとって大きな転換点の試合となるか。試合前、先発オーダーが発表されると、甲子園のスタンドのファンがどよめき、そして沸いた。鳥谷が「6番・三塁」。大山の定位置になっていた三塁に、今季初めて背番号「1」が就いた。

 昨季は三塁でゴールデングラブ賞を受賞した鳥谷。今季は二塁にコンバートされていたが、四回1死一塁で三塁線を襲ったマレーロの鋭いゴロを好捕。素早い送球で併殺を完成させると、ファンがひときわ沸いた。

 バットでも同点で迎えた六回、2死一塁で右中間を破る適時二塁打を放って存在感をみせた。連続試合出場はストップしたが、「与えられた持ち場でやっていくだけ」と話す。徐々に本来の打球の鋭さを取り戻し、6月に入って先発機会も増えてきた。大山の不振が続く限り、「三塁・鳥谷」は新たな選択肢になる。

 シーズンは?試合以上を消化しているが、チーム打率は2割3分台。金本監督は「打線があまりにひどい。打てなさすぎる」と口にする。今は少しでも状態のいい選手を使っていくしかない。「4番・ロサリオ」「三塁・大山」といった開幕前の構想は崩れたが、理想よりも現実を見つめる時期に来ている。(丸山和郎)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ