PR

産経WEST 産経WEST

日本百選「下赤阪の棚田」カレー、道の駅に登場…ご当地食材たっぷり 大阪・千早赤阪村

「下赤阪の棚田」にちなんだ「村まるごと!!棚田カレー」=大阪府千早赤阪村
Messenger

 農林水産省が認定した「日本の棚田百選」に選ばれた大阪府千早赤阪村の「下赤阪の棚田」にちなんだ「村まるごと!!棚田カレー」が、ご当地の「道の駅ちはやあかさか」に登場した。

 今春の「道の駅」リニューアルに合わせ、村の魅力を広く発信しようと企画された。棚田カレーは、自然豊かな同村で収穫された米や野菜をふんだんに使っているのが特徴だ。

 棚田の部分は黄緑色のスナップエンドウで、田の水をカレールーでそれぞれ表現。カレーは棚田の米で作った甘酒入りのまろやかな味わいで、村の象徴である金剛山をイメージしてライスを盛った。月曜から木曜日の販売で、価格は金剛山の標高にちなみ、ドリンク付きで1125円(税込)。

 ご飯をダムの形に盛りつけ、カレールーを貯水池部分に見立てた「ダムカレー」が全国的に人気だが、今回登場したのは、ダムカレーならぬ棚田カレー。「道の駅」運営スタッフの菅原(すがはら)由紀代さん(39)は「このカレーが、村のファンを増やすきっかけになってくれれば」と期待を寄せている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ