PR

産経WEST 産経WEST

【将棋】藤井七段に勝利の井上九段ら軽妙トーク 棋聖戦第1局・大盤解説会

大盤解説を行う斎藤慎太郎七段(右)と村田智穂女流二段=6日、兵庫県洲本市のホテルニューアワジ(志儀駒貴撮影)
Messenger

 兵庫県洲本市のホテルニューアワジで6日午前から行われた産経新聞社主催の将棋タイトル戦「第89期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」の第1局。羽生善治棋聖(47)=竜王=に、初のタイトル獲得を目指す豊島将之八段(28)が挑戦している。会場では午後2時から大盤解説会が行われ、棋士の軽妙トークや次々と変化する局面の分かりやすい解説に、約100人の将棋ファンが楽しんだ。

 解説は井上慶太九段(54)や斎藤慎太郎七段(25)、聞き手は村田智穂女流二段(34)や長谷川優貴女流二段(22)らが務めた。

 井上九段は、豊島八段が対局中に耳栓をしていることを紹介。「私も(プロ棋士養成機関の)奨励会時代は耳栓していました」と明かした。その時代の奨励会には、神吉宏充(かんき・ひろみつ)七段らが在籍するなどにぎやかなメンバーで、「やかましかったんですよ」と語り、会場の笑いを誘った。

 また、井上九段は3月に最年少プロ、藤井聡太七段(15)に勝利。藤井七段が六段だった約1カ月間に唯一敗れたのが井上九段だったといい、井上九段は「もう思い残すことはないです」と振り返ると、会場がどっと沸いた。

 進行中の第1局の「次の一手」を当てるコーナーもあり、参加者らが楽しんだ。

 産経新聞社では将棋の魅力をより深くお伝えするコンテンツ作りのためアンケートを実施しています。ご回答いただいた方から抽選で20人の方にクオカード(1000円相当)が当たります。是非、ご回答ください。

⇒アンケートはこちらから

 産経新聞社では「第89期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」第4局(新潟・岩室温泉)で、棋士と交流できる宿泊プランを企画しています。特別に対局を見学できるほか、前夜祭や大盤解説会、指導対局に参加できます。

 観戦宿泊プランの詳細はこちら

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ