PR

産経WEST 産経WEST

美しい花には危険が…外来種「オオキンケイギク」に注意、繁殖力強く生態系に影響 神戸市が呼びかけ 

Messenger
生態系に悪影響を与えるという特定外来生物「オオキンケイギク」(神戸市提供)
生態系に悪影響を与えるという特定外来生物「オオキンケイギク」(神戸市提供)

 5~7月に黄色のコスモスに似た花を咲かせる外来種「オオキンケイギク」の生息が広まっているとして、神戸市が駆除への協力を呼びかけている。生態系への影響は大きいとされるが、花自体は美しく、市民の間で外来種との認識が浸透していないという。

 オオキンケイギクは北米原産の多年草。街の緑化用などとして導入され、市内でも新設道路の土手などに植えられてきた。しかし、繁殖力が強く、日本在来の植物の生育場所を奪っていることが分かり、平成18(2006)年には「特定外来生物」に指定された。

 市は駆除を進めてきたが繁殖に歯止めがかからず、公園や空き地、河川敷などに生息域が拡大。今年も各地で群生が確認されたため、市は土地の所有者や清掃活動を行う団体などに注意喚起することを決めた。

 駆除するにはスコップで抜き取るか根元から刈り取るなどした後に、種子の拡散を防ぐためゴミ袋に入れて枯らせてから処分する。問い合わせは市自然環境共生課(電)078・322・5316。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ