PR

産経WEST 産経WEST

神戸市教委いじめメモ隠蔽、「腹くくって」指示発覚後もあきれた対応、遺族「裏切られた」 

Messenger

 神戸市垂水区で平成28(2016)年に市立中学3年の女子生徒=当時(14)=が自殺し、いじめの内容などを記した学校側の聞き取り調査のメモが市教育委員会の首席指導主事の指示で隠蔽(いんぺい)されていた問題で、文部科学省の幹部が5日、同市役所で川田容三(やすぞう)・市教委教育次長と面談し、組織体制の見直しなど再発防止策をまとめるよう指導した。同省の幹部は面談後、記者団に「不適切で極めて遺憾。教育行政への信頼を失墜させた。重大事態への組織的対応が不十分だった」と断罪した。

文部科学省の担当者ら(左側)に謝罪する神戸市教委幹部ら=6月5日午後、神戸市中央区
文部科学省の担当者ら(左側)に謝罪する神戸市教委幹部ら=6月5日午後、神戸市中央区

「今さら出せない」「先生、腹くくってください」

 隠蔽されたメモは女子生徒の自殺から5日後の28年10月11日、教員が生徒から聞き取って作成。いじめの内容や、いじめを行ったとされる生徒の名前などが記載されていた。

 自殺直後に教員が同級生らから聞き取り調査をしていたことを知った遺族からその内容を知りたいという要望を受けた当時の校長は、自殺から数カ月後にメモの存在が明らかになることで遺族から反発を受けることを懸念。昨年3月1日、市教委の首席指導主事に対応を相談したところ、「(遺族への)情報開示が終わっているので今さら出せない。出せば(再度、情報開示請求が出され)マスキング作業などの事務処理が増える」としてメモは存在しないと伝えるよう指示されたため、校長は同3月6日、遺族側に「メモは残していない」と回答した。同主事は課長級だが、校長を指導する立場だった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ