PR

産経WEST 産経WEST

小学校教頭が神社侵入疑い 校長とトラブルで失踪か

Messenger

 神社の倉庫に侵入したとして、京都府警右京署は5日、建造物侵入の疑いで、京都市立朱雀第二小学校(中京区)の教頭の男(56)を逮捕した。「家出をしており、雨風をしのいでいた」などと容疑を認めている。

 逮捕容疑は4日午後7時25分ごろ、京都市右京区の山中にある神社の境内の倉庫に侵入したとしている。「ドアをガチャガチャしていたら何かの拍子で鍵が開いた」と供述しているという。倉庫から物音がするのを不審に思った神社の関係者が中を確認したところ、男を発見、通報した。

 京都市教育委員会によると、男は4月に同校の教頭に着任し、事務処理の遅れをめぐって校長から数回指導を受けていた。家庭でも悩みを抱えていたといい、5月11日の勤務を最後に行方不明となったことから、家族が捜索願を出していた。市教委は「誠に遺憾。事実関係を確認し厳正に対処する」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ